アプリで知り合った萌絵ちゃんは、俺のオナニー指示の虜になっています。
週に2回も、萌絵ちゃんの肉体を唸らせるオナニー指示で、快楽の虜にしてしまっているんです。

 29歳、独身会社員です。
彼女と別れた寂しさを埋めるため、電話エッチに走るようになった男です。
当初は、セフレを作ろうかと思って出会い系アプリに登録。
セフレも、作ろうと思えば作れる。
これは確実です。
ただ、即効性があるわけではない。
深い交流を続けた後、意気投合でオフパコになるため、時間が必要になる。
しかし電話エッチは、そのままエロい行為に突入出来ます。
この味を知ってから、オナニー指示が欲しい女の子をアプリの中で探してしまっているんです。

 萌絵ちゃんは、年齢が23歳。
アパレル系の仕事をしている女の子です。
電話エッチ希望の理由は、自分と似たような部分があったようです。
彼氏と別れてからの性欲解消が上手くいっていなかったこと。
待ち合わせしないでも済む電話エッチは、萌絵ちゃんにも最高の存在だったようです。
Skypeを使って無料でオナ電する

 その日は、かなりの気分が盛り上がってしまっていたのだそうです。
「朝から変な気分がなくならないんです。オナニー指示して欲しいんです」
切実な状態でしたから、無料通話アプリの交換は超簡単。
通話を始めた途端、彼女にオナニーをさせていくことになりました。

 萌絵ちゃんは、素直な女の子の印象。
そして、性的快楽には従順。
パンツを脱がせ、足を広げさせ、クリちゃんを触り出させていく。
甘く切ない吐息を漏らし出してくれました。
何度聞いても女の子のエロ声は最高。
股間も硬直を始めます。
彼女がエッチな妄想しやすい言葉を使っていくと、エロチックな声で応えてくれました。

 初回の電話エッチから、見せ合いのオナニーまで可能でした。
ムチムチしたナイスバディをすべて見せてくれました。
俺の肉棒で、半端じゃない興奮で指を動かしまくってくれました。
膣とアナルを同時にひくひくさせつつ、彼女は絶頂に達していったのでした。

 萌絵ちゃんとは、その後も順調に関係を継続。
見せ合いするのは当たり前。
もしかしたら、そろそろオフパコも出来るような気配すら感じています。
チャットオナニー
オナ電